読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Days

Think Simple. Lead the myself

ゾロ目の終わり

2月22日に22歳になってから丸一年。
22歳も昨日で終わり、23歳になってしまった。
今日でゾロ目も終わりだ。
あと30分弱。


今日朝、おかんからメールが来た。

「お誕生日おめでとう。」と。

さらに、「あなたが生まれる前日まで女の子のことを考えてました」と書いてあった。
どういうリアクションをすればいいのか悩んだが、なんだかんだ今の自分があるのは親のおかげな訳で、ここまで来たのも、色んな経験をしてきたのも運命であり、自分の人生であり、"この親にしてこの子供あり"なんだろうなぁとしみじみ感じてしまった。

なので、「生んでくれて、ありがとう。」と返した。

喜ばせたかったわけではなく、素直にそう思った。

さらに返信。
「涙が出ました。あなたが生まれた23年前と"生んでくれてありがとう"といってくれた今日のことを決して忘れません。」と。

思わず涙腺が緩んでしまった。
誰に言われるでもなく、親にこう言われると嬉しくなった。

「他の家庭に生まれていれば・・・」と考えたことがない訳ではない。
だが、やはり今までの人生を誇りに思っているし、自分の人生を確り生きていきたいと思う。

来年、再来年、数年後、今日のことを思い出して、自分に"頑張れ!"と言ってあげたい。