読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Days

Think Simple. Lead the myself

泥のように働くという価値観[http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080528/304458/:title=「IT技術者はやりがいがある仕事か」---学生とIT産業のトップが公開対談]

キャリア

「10年は泥のように働け」「無理です」――今年も学生と経営者が討論

かなりのはてブとコメントが起こっており、@ITの釣りではないかとまで言われていますが、年齢的に学生側に近い私が感じたこと。


1.やりがいのある仕事

学生側が「達成感がある」「自分の成長が感じられる」「成果物が目に見える」「チャレンジができる」「きちんと評価される」と回答をしています。
私はやりがいというのは、「仕事において、自分自身が感じることができる知的好奇心、自己効力感、自己決定感」だと思う。つまりは、「仕事そのものが興味深い」とか、「仕事をやっているときに自分の能力を感じることが出来る」だったり、「人から与えられたものではなく、自分の固い意志で決めた」と感じることができるのが「やりがいなんじゃないかと思う。

もちろんそれは、個人個人違うと思うが、就業経験がない学生であっても「自分が何に興味があるのか」「自分がこれまで何をしてきたのか」といった当たり前の経験は、自分自身で把握すべきなのではないかと思う。
(興味の対象については、絞り込むのは非常に難しいと思うが。)


2.10年泥のように働く

まず、10年泥のように働くべき業界と働くべきでない業界があるということ。

だから、真っ先に聞いておこうよ。「あなたは何を作りましたか?」って。
それがわかってはじめて、「10年は泥のように働いてもらい」がじじいの寝言なのか、それとも経験者の金言なのかがはっきりする。そして、確かに世の中には10年どころか30年泥のように働いてやっと芽が出るような仕事がある。
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51058339.html

これには、否定す余地がないと思う。
しかしながら、「10年」という数字になんの根拠もない。経験に基づいて発言しているだけであって、相手の価値観というものを完全に無視していると思える。

まず入社して十年間は泥のように働いてもらう。はい上がる気力や苦しい時に周囲を思いやる気持ちを育てるには、どん底に突き落とすしかない。入社4年までに全員を海外に研修に出す。海外の若者がどれだけハングリーに働いているかを見てきてほしい。

まず入社して十年間は泥のように働いてもらう――丹羽宇一郎さん - 人間学を学ぶブログ 「こころは超臨界」

経営者の視点になってみると、一度入社した社員にはすぐに退社して欲しくないという思いは理解出来るし、泥のように働いて欲しいと思うことは理解できるが、大手企業を始め、一度入社した社員が退職する傾向は強まっている訳で。
したがって、一度入社社員に退社しないように、泥のように働いてもらうためには、学生が言うように「ポジティブなビジョンを提示」する必要があると思います。
一番簡単な「ポジティブなビジョンの提示方法」というのは、「これだけの報酬が得られる」というのがあります。しかし、お金のためだけに働くという価値観は、私を含め今の若者には薄れてる。

そこで、IT業界に関わらず企業側が提示すべきポジティブなビジョンとは、以下の2つが大事なのではないかと思う。

・どのようなスキルを身に付けることができるか。そのスキルは、他業界であっても活用することができるか。→エンプロイヤビリティ(雇用されうる能力)を磨くことが出来ることを提示する。

・コミットメント(約束事・責任)を与えているか。→上司の責任範囲を決めた上で、コミットメントを与えることによって、自己決定感を感じさせることが出来、モチベーションを向上させた上で、本人の考えや能力を発揮させることができるため、自己効力感をも感じさせることができる。


IT業界という業界に悪いイメージが先行しているが、企業の持つ技術をアピールするだけでなく、そこの企業という「場」で働く意義をアピールして欲しいと思う。
また、学生側は、「泥のように働く」ことに焦点を当てるのではなく、自分自身がやりがいを感じるためには、どうすればいいかを見つめなおして欲しいと思う。

大事なのは、泥のように働かされないことであり、自分で泥のように働けるような仕事に対する価値観を見出すことではないだろうか。時代の流れとともに、企業と学生側の考え方にギャップが少なくなることを望む。

ちなみに、私は会社につとめて3年経ったら一度は転職を考えるべきだと思います。「転職しろ」というわけじゃないんです。転職することを真剣に考えてみるのです。自分の実力とかそういうのを真剣に検討してみるんです。考えた上で会社に残るのと、惰性で会社に残るのとでは全然違うんです。http://d.hatena.ne.jp/t_yano/20080529/1212076447

私、新卒で入社して4年目。すでに3年経過。そして、つい先日、リクルートエージェントに登録してみました。転職する・しないではなく、自分の市場価値ってやつが気になったので。